第32話「青の楽園の世界」エピローグ


 真弓の目の前には、青空のもとに一面の草原が広がっていた。

「ありがとう、田宮さん。 彼の生きた証を大切にしてくれて」

 風が真弓の背を押す。

「ありがとう、高見沢くん。 私の在り方を肯定してくれて」

 一冊の本を手にしたまま、真弓は歩みだす。

「ありがとう、北村くん。 私は私として戦うよ」

 彼女は”逃げ専”のtraveler。

 これからもまた、逃げ続けるのだろう。

 けれど、今の彼女の逃げは逃避ではない。

 いずれ勝つための逃げであり。

 世界を巡るための逃げである。







 ――青の楽園の世界

「ああ疲れたー……」

 高見沢の周囲には、白い砂漠のような光景が広がっている。

 正しくは、砂ではなく灰だ。

 朽ちた異形の成れの果て。

 かつて”神”と呼ばれた物。

 それを踏みしめる足音。

「よお、高見沢」

 それは、あるはずのない存在。

「死にかけって感じだなあ! 上位のエリートさんよ!」

 高見沢の目線の先にある、人影。

「”神”が顕現している最中にこの世界を補足して、しかも潜り込むとは驚いたよ。 えっと……名前なんだっけ」

 男は、不快感を露にする。

「相変わらずだなお前はよ……覚えとけ、俺は剛田だ」

 すでに死んだはずの男は、歩みを早め、高見沢に近づく。

「ああ、思い出した。 生憎と、君に渡す”神”は無いよ?」

 近づく剛田に対し、高見沢は動かない――否、動けない。

「俺の狙いはあのバケモノじゃなくてよ、カード1枚握れねえ死にぞこないだ」

 高見沢は死にかけている。

 両足と右腕は無く、残る左腕も折れ曲がり、腹部と頭部から血が滴っている。

「一つ、君に伝えたいことがあるんだ」

 高見沢の言葉を他所に、剛田は銃型デュエルディスクを片手に構える。

「言葉を選べよ、それが最期に言い残すことになるんだからなあ」

 剛田は笑みを浮かべ、銃口を高見沢の頭に向ける。

「お前じゃ田宮さんに勝てないよ……死神」

 高見沢は不敵に笑い――

「そうかよ」

 死神は引き金を引いた――





 美しい星があった。

 僕はその輝きを守りたかった。

 考えて考えて、足掻いて足掻いて。

 けど、それは要らなかった。

 その星は、とても強く輝いていたから。

 雲に隠れようと、あの星を見失うことは無い。

 それを知れただけで、僕はもう満足だ。

 だから、僕は舞台を降りる。

 ああ……頑張りすぎて、眠くなってきたなあ。





 残骸の中にただ一つ残る影。

 不定形な黒い体に、1つの仮面。

『高見沢君も、僕を『思い出しして』くれたんだね。 はははは!』

 ただ、笑い声が響く。

『力が溢れる……凄いよ高見沢君! これが上位の力か! あははは!』

 死神の体が捻じ曲がり、細長いバネの様になる。

『あははははははは!』

 そして、弾けた。

 死神が世界を渡るポーズであり……この世界に、生命が消え失せた瞬間であった。



 高見沢蓮は死んだ。

 だが、高見沢の遺産は確かに受け継がれた。

 そしてその遺産は、travelerの戦いを狂わせることとなる。





 ――佐藤心愛の世界

「どおゆうことだろ?」

 首を傾げる佐藤心愛。

 彼女は《青の楽園の世界》での戦いを観察していた。

 何が起ころうと決して介入しないという高見沢との取り決めで。

「《青の楽園の世界》が、生き返ったのかな?」

 《青の楽園の世界》から死神が去った直後。

 彼女の見ていた《青の楽園の世界》の時間座標が大きくずれた。

 数千年前、世界から人類が滅亡する前に。

 より正確に言うなら、高見沢の渡航による影響が消え、”神”の誕生が無くなった状態だ。

「あれは並行世界だったのかなあ? 世界は頑張っても自殺できないってこと……白姫君みたいに?」

 佐藤は首を傾げるが、答えが出ることは無かった。







「青の楽園の世界」(設定解説)






2019.04.09 | コメント(7) | 未分類

コメント

Paradise Lost

どちらかというと、「パラダイス」よりも「エデン」な雰囲気の世界。
真っ白な世界から真っ青な世界へ・・・・・・

というわけで、高見沢完結編!

オウカさんに提案された時点では、真弓ちゃんを預けたのは面白半分でしたが、
その直感は正しかったと証明されました。あらためて感謝です!


◎前編

淡々とした口調が、かえって激情を感じさせて良い・・・。
デッキの殆どがブランク状態という、私自身、「弱さ」として設定したはずの性質が、
ここまで恐るべき力に育つとは、感慨深いものです。
「試着部屋」だけに、裸だったカードに服を着せる感じですね。

田宮さんのデッキは、これまた因縁深い【デーモン】!
こちらも嵌まり役、圧倒的な悪魔の力を魅せつけてくれます。
ソーガさんに使わせるのが難しいカード群も、ふんだんに使用した贅沢さ・・・!
高見沢の力に対しても、真弓よりも理解が深い。

早くも登場、切り札たる《青の葬世神》!!
案を聞いた時点では、タワー・オブ・デスのイメージでしたが、
そんなレベルではないほどデカァァァァァいッ!!
つくづく肉塊に取り込まれるのが似合う子です(殴


◎中編

・・・もとい、切ない展開が似合う子です。
秘められていた激情が、物言わぬ神となりてモノを云う。

実際、彼女の本質は、「逃避」でなく「微力」なんですよね。
白姫真白と違って、「死にたがり」ではないけれど、怒りよりも無力感が先んじる。
ゆえに「微力」―――この性質を、高見沢くんは、きっちり見抜いている。

微力であっても、無力ではない。
弱さでしかないと思っていたものが、あつらえたように嵌まっていく。

対する田宮さんも、淡々とした口調ながら昂揚が盤面に顕れてますね。
これでもかと言わんばかりに変幻自在に姿を変えるデーモン!
それでも倒せない、「拒絶する事象を任意に選ぶ世界の意思」たるや!!

真弓ちゃんが旅をし、世界の住人に寄り添ってきたから神と同調できたように、
田宮さんもまた、旅をしてきたからこその戦い方。
まさしく、これまでの集大成と言うべき舞台でした。


◎後編

神は死して、旅人が残る。舞台は終わっても、デュエルは終わらない。
経験した喪失から放たれる言葉は、私にとっても含蓄深いです・・・。
師弟の絆があり、そして人として対等である。

それは佐藤さん相手でも同じであり、だから佐藤さんも止められない・・・。
たとえ死しても、手に入れば勝利。生き延びても、手を離せば敗北だから・・・。

そして、向き合ってこその勝利。精霊界のルールを顕現させ、仕切り直し!
多くのルールが入り乱れていながら、核がシンプルゆえに、すんなり入り込む・・・!
決め手となるのは、こいつしかいない! 《パーペチュアルキングデーモン》!
相手の力を利用した《ジュラゲド》とのコンボ、お見事!

ちなみに、打ち合わせの際に、リンクメイルさんをギリギリで差し替えたりと、
デーモン尽くしに拘っていただきました。

・・・しかし田宮さん、つくづく敵役が似合います。勇者と覇王龍、巫女と悪魔。
もとい、田宮さんの言ってた「相容れない」の真意が、彼女らしくてイイ・・・。
彼女の側からの執着を、タカミンは知ることなく・・・・・・


◎エピローグ

展開自体は打ち合わせ段階から聞いていましたが、剛田くんの姿とは・・・。
これまた意表を突かれました。
ついに上位を吸収してしまった『死神』の、行き着く先は果たして!?

神は死して、旅人は去り、すべては真夏の夜の夢の如し・・・。
淡々と語る佐藤さんは、どんな顔をしているのでしょうね。


あらためて、オウカさん、投稿ありがとうございました!


2019-04-28 日 00:03:44 | URL | アッキー [ 編集 ]

リンクメイルさんの20thシク安いな……

本来の《青の楽園の世界》はパラダイス寄りだったのかも。
そんな高見沢完結編、感想ありがとうございます。
ここしばらく、全然顔を出せませんでしたが生きています、オウカです。

前編!
真弓ちゃんにとって田宮さんは怒りをぶつける相手ではないし、そもそも激情を表にするタイプでもない。
なので淡々と破滅へ向かっていく形になりました。
真弓ちゃんのデメリットは色々と活用法を考えられました。

田宮さんはデーモンデッキ、去年登場したデーモンの召喚派生シリーズを書いてみたくて決定しました。
ソーガでは書けないエクシーズやリンクもガンガン使って行けて満足。

《青の葬世神》、世界を滅ぼし世界そのもの!ならば馬鹿でかい!
元の予定では海洋生物が混ざった巨大なキメラの予定でした。
真弓ちゃんを取り込ませる案→なら触手系がいいな!→触手ならレクンガ!
……執筆時には冷静になり、真弓ちゃんに触手で酷いことする要素は抑えめになりました。


中編!
白姫とは異なる、微力なtraveler。
真弓ちゃんの微力さを見抜ける高見沢。
舞台作りで様々なデュエリストを弄ったからこそ、真弓の持つ個性に目をつけ、それを強みに転換できました。
真弓ちゃんを登場させる段階では、ここまで2人が噛み合うのは予想外でした。

《青の葬世神》は田宮さんが旅をしてきたからこそ勝て、《白一面の世界》で待機していたら勝てなかった相手、というのを意識していました。
後編の高見沢の仮説でも触れましたが、traveler(旅行者)なのだからその最強は旅をした果てにあるはず。
あらゆる力が使える《白一面の世界》には無く、旅の中で得られる”何か”で乗り越える、そんな存在として書きました。


後編!
真弓ちゃんから高見沢への言葉は、執筆中にふと思いついたもの。
そしてこのやり取りで、高見沢と真弓ちゃんの関係性が見えてきました。
実のところ高見沢は最後まで”神”に固執し、もっと見苦しく戦い、田宮さんに拒絶され敗北する予定でした。
予想以上に綺麗な最期を迎えられたのは真弓ちゃんのおかげです。
本当に我ながらびっくり。

パーペチュアルは活躍させたかったのでジュラゲドループ!
リンクメイルは完成品を送った数日後に判明し、心愛ちゃんのセリフ修正に乗じて登場させました。
各種召喚法を使わせる今回の田宮さんデッキに相応しすぎでした。

田宮さんと高見沢は相容れない。
田宮さんが不満げな中、何満足して死んでるの高見沢!な辺りが問題。
でも当初の構成よりは通じ合えたので良かったな高見沢!な結果に。
ありがとう真弓ちゃん。


エピローグ!
死んだtravelerで、高見沢の被害を最も大きく受けたtravelerとして、剛田君に登場頂きました。
死後も死神の強化になる面倒な辺りが高見沢。
果たして高見沢を取り込んでパワーアップした死神はどうなるのか……!


そんなわけで、高見沢の死を乗り越え田宮さんと真弓ちゃんと死神さんの旅は続く!
こちらこそ色々と好き勝手に書いたものにOK出して頂いてありがとうございました。

2019-04-28 日 23:22:25 | URL | オウカ [ 編集 ]

あー、オレ、デーモンになっちまったよー(棒読み)

悪魔の鏡、ノーブル・デーモン等、通常の【デーモン】ではお目にかかれないデーモンも取りそろえたデーモン尽くしデッキ! パぺリチュアル+ジュラゲドのループコンボとか、デーモンたちを存分に活用したデュエル、お見事でした。ラギです。
……ベクター・スケア・デーモンもどこかで使おうとしてた? 想像ですが。

>「佐藤さんのデュエルは、誰にでも寄り添える……そんな、素敵なデュエルだった」
おじさんはねぇ! 脅威となる人物や能力が、優しい視点から語られるのが大好きなんだよ! これ、私が最初にいい出した事になんねーかな(ポプテピピック)

>「あー、これはキツイなあ。 あの人に挑んだ時よりキツイ」
おじさんはねぇ! 飄々としているキャラが、真っ直ぐな視点から放たれた青臭いセリフに白旗上げる展開が大好きなんだよ!(2回目)
アッキーさんへの返信でも書かれてますが、高見沢と真弓ちゃんの化学反応が凄すぎる。というか、オウカさんの元での真弓ちゃんの成長と活躍がうますぎる。
生みの親から太鼓判を押されることだけはありますねぇ!

>意志と意思
そう言えば読んでて気づいたのですが、この2つ、使い分けられてますね。
自分も25話で「この2つの使い方には気を付けてね」と言われたのですが、この辺、オウカさんの意図としてはどんな感じなのかな?

2019-05-03 金 03:58:10 | URL | ラギ [ 編集 ]

恐らく高見沢さんとの最終決戦の舞台になるであろう、《青の楽園の世界》。でも、出てきたのは真弓さんの方。あの時の高見沢さんの誘いを受けたんですね。って言うか、逃げ専のtravelerが自らデュエルを挑んでくるとか、恐いわ~。
魔の試着部屋とブランクカードの有効活用は凄い。最初にこの能力を見た時は「確かに酷いな~。39位なのも仕方ないな~。」ぐらいに思っていましたが、これは強い。使えない能力などない、という言葉が心に響く。
更にモンスター達が独自の能力を展開しながら活動開始!高見沢さんの能力だよ、これ!良いな~。こういうデュエル、一度はやってみたいです。

一方の田宮さんはデーモンデッキ。徹底的なデーモン推し。これは、酷い。
これでもかという程のデーモンのゴリ押しで一気に潰されるかと思いきや、ギリギリで耐える真弓さん。よく耐えてるよなあ、と思っていたらここで切り札のクレンガが出たー!やたらと水属性推しだったのは、全てはクレンガへの生贄だったとは!
ここでラスボス登場と言わんばかりに高見沢さんがデュエルを引継いだ。何だか、ノアVS海馬戦で石になった海馬に代わって遊戯がデュエルを引き継いだ時のような、魂のリレーを感じます。



北村君の言葉で真弓さんが逃げ専門になっていたとは。生きててよかったって思えることが、絶対にある!とは彼らしい言葉。しかし、真弓さんが惚れてることに気が付かず、先にいってしまうとは北村君も罪作りなオトコの子ですね。

っていうか、コインを拾ったら世界が滅んだ!?何という世界だ・・・。しかし、それすらも利用する高見沢さん。世界を持ち出すだとお!とんでもない発想だ。けれども、理屈は通っている。そして実際に”神”を従えている!

田宮さんが何度やっても”神”には通用せず!徹底的なまでの拒絶!
ならばプレイヤーのライフを狙うしかない。(←遊戯王の鉄則)
しかし、それすらも拒絶しやがったー!

このまま高見沢さんが押し勝つのかと思ったら、”神”を贈り物にしたー!?それは愛しい田宮さんに捧げる最高のプレゼント。”神”をギフトにするとか、めちゃくちゃスケールがデカい。高見沢さんの愛の大きさと同じですね。
世界そのものを武器とすれば、それを扱う田宮さんは最強のトラベラーキラーになる。これで第一位も恐くない!

でも、田宮さんは受け取り拒否。まあね、仕方ないね。田宮さんはそういう人だから・・・。高見沢さん、どんまい・・・。
けれども、どうやって”神”を攻略するんだろうと思ってました。これだけやっても通じなかった”神”に、他にどんな対抗策があるのか、と。その答えは奇跡召喚によるズァーク!”神”と一体化している真弓さんは、この光を否定することは出来なかったのだ・・・!これが愛なんだね・・・。



真弓さんパワーアップに佐藤さんも一枚噛んでたことが判明。全ての出来事の裏に佐藤さんがいても不思議じゃないぐらいの勢いですね。

”神”が沈んでデュエルも決着かと思いきや、ここから新たに始まる高見沢式デュエル。
いつもの音速ダックに乗ってフィールド内を駆け巡る。XBG-シャイン・セイバー・プラントはめちゃくちゃなようで、初代遊戯王の融合もこんな感じの訳の分からなさ感があったなあ。

高見沢さんの分身のカード、舞台の創造者。お気に入りの通常モンスターとの組み合わせることで爆発的な力を発揮する彼らしいカードですね。
その攻撃力20000を相手のドラマチック・ダイスを利用して超えてくる田宮さん、上手いなあ・・・!

思えば三人娘とのデュエルでもサイコロと音速ダック使ってたなあ。高見沢さんの能力が”デュエルに概念を加える力”だということを念頭に置いて今までの話を読み返すと、最初に読んだ時とはまた違った感覚で読めるのが面白い。

高見沢さんは敗れましたが生き残った。生きていれば必ず次がある。また、旅が出来る。
そして、真弓さんの新たなる・・・いや、初めての門出。それぞれが新たに旅立つのだ。
と、いい感じのエンディングを向かえたと思ったら、まだ”神”が生きていた!それを止めるために二人を逃がして一人残る高見沢さん。これ、まるで「ここは俺に任せて先に行け」的なやつじゃね?そして、田宮さんの手には高見沢さんのカードが・・・。まるで死亡フラグのような・・・??

あああ!!高見沢さんが死んだああああああ!!!???

上位トラベラーの高見沢さんが死んだことと、田宮さんに託されたカード、真弓さんに受け継がれた本。これらの遺産が今後のトラベラー界に大きな影響を与えるのは間違いないですね・・・。
高見沢さんは田宮さんとのデュエルが出来て満足して旅立った。ご冥福をお祈りします。



ああっと!死神ー!こいつ、『思い出し』やがったあああ!!高見沢さんの遺産がこんな形でも受け継がれてしまった!!

2019-05-03 金 18:04:01 | URL | 千花白龍 [ 編集 ]

未だに話題になる迷作なので一度は見たい

ラギさん返信
感想ありがとうございます。

田宮さんは使用カードがかなり好き勝手にできるので、回りそうにないごちゃ混ぜデーモンを回して頂きました。
ベクターさんも出そうか悩みましたが、効果を生かせるタイミングがあまり無く没に。
ちなみにメンタルオーバーとかアンデットスカルとかは候補にすら上がらず。仕方なし。

>「佐藤さんのデュエルは、誰にでも寄り添える……そんな、素敵なデュエルだった」
1.心愛ちゃんの能力と目的が明らかになる
2.これ真弓ちゃんの修行相手にいいのでは?
3.では修行を経た上で、真弓ちゃん視点で心愛ちゃんの評価はどうなるのだろう?
……な感じで出てきたセリフです。
心愛ちゃんのデュエルが好印象なtraveler、ほとんどいないでしょうねえ。

>「あー、これはキツイなあ。 あの人に挑んだ時よりキツイ」
なんかラギさんにクリティカルヒットしてる!
この辺り、勢いですらすら書けた部分です。
少し前の真弓ちゃんとの会話を含め、予想以上に綺麗に書けて満足。
高見沢と真弓ちゃん、ここまで相性が良いとは予想外。

>意志と意思
すみません、ただの表記揺れです!
意図とか無いです、何も考えていなかったです。
……修正を検討します。

2019-05-05 日 20:25:20 | URL | オウカ [ 編集 ]

高見沢死す!デュエルスタンバイ!

千花白龍さん返信
感想ありがとうございます。

《舞台倉庫の世界》で名前だけ明かしていた《青の楽園の世界》。
前編は真弓ちゃんの能力活用編。
今回使わなかった活用案の中では、エクスチェンジで相手のカードを使いつつブランクカードを押し付けるなどもありました。
アクションカードを組み込んで零式バーンで攻め手を作ったように、カード以外の能力で補強すれば勝ち目はある、そんな辺りが白姫君と真弓ちゃんの最大の違いでしょうね。
田宮さんはデーモンぶん回し。
顕現、招来、超越の布陣は決まれば結構強そうです。

中編、デュエル引き継ぎ。
田宮さんVS真弓ちゃん、田宮さんVS”神”(高見沢)、田宮さんVS高見沢、の3つの展開を一つのデュエルに押し込みました。
一つのデュエル内でデュエルの構図を変えるのが好きなのでこのような形になりました。
高見沢への引き継ぎは確かに乃亜編に近い感じ。
”神”破壊後の構図は、遊戯王Rの遊戯VS夜行の《邪神アバター》撃破後な感じでしょうか。

北村君、思ったよりも早い段階で死んでびっくりした思い出。
真弓ちゃんとあまり絡まずに死まったので、彼の死を受けた真弓ちゃんのお話になりました。

”神”を送り付ける展開、執筆の後の方に思い付きました。
田宮さんに心底迷惑な贈り物をして拒否される、という展開が高見沢に似合い過ぎて……。

後編、”神”無き戦いへ。
XBG、何か勢いで思いつきました。
どう考えても精霊世界にこんなガラクタがいるはずがないので、別の能力で生み出された、ということにします。
命名法則に類似点があるモンスターを、マグネットモンスター扱いで合体できる、みたいなルールかと。

《舞台の創造者》、《次元の旅行者》を意識した高見沢版のカードな立ち位置です。
攻撃力0を蘇生できるのは、《次元の旅行者》対応を意識した結果。
そもそも召喚権があるのなら、《次元の旅行者》の効果で手札に回収すればいい、な噛み合わなさもポイント。

高見沢完結編を名乗りながら高見沢生存、なはずもなく退場。
死神に取り込まれて死ぬのは早い段階で決まっていました。
遺産が死神にも受け継がれて、死んでも面倒ごとを引き起こすのは高見沢らしい感じ。

2019-05-05 日 20:55:23 | URL | オウカ [ 編集 ]

表記揺れ?

だったのですか・・・?

基本的な意味合いとして、
意思・・・「思い」や「想い」など、クオリアの存在
意志・・・意思の中でも特に、能動的・積極的な「志」

という感じで読んでいて、頷ける使い分けだったのですが、
特に意図してなかった・・・だと・・・?
(念の為に確認しておけば良かった!)

2019-05-05 日 22:59:01 | URL | アッキー [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »