『死神』の設定(著:千花白龍)

<『死神(しにがみ)』>
◎性別:不明
◎外見:ブニョブニョした黒い塊
◎服装:白い仮面を装着している
◎顔:虚無、または吸収した者の顔
◎声:テノール(白い仮面装着時は鼻をつまんで話しているように聞こえる)、または吸収した者の声
◎一人称:僕、または吸収した者の一人称を使う(『死神』になった当初は様々な一人称だった)
◎二人称:基本的には苗字に「君」や「さん」をつける、が自分より実力がかなり高い相手は呼び捨てにする場合が多い、または吸収した者の二人称を使う
◎正体:40人いる「traveler」の中の誰か(『死神』自身も記憶を失っていて分からない)
◎目的:世界統一(を行うことで●●●の願いを叶えること)
◎世界を渡る時の仕草:体を捻る(元々の「traveler」の仕草とは別)

◎使用デッキ
『白き混沌』デッキ・・・【悪魔族】、【スタンダード】、【トゥーン】、【ガーディアン】の混成デッキ。北村、他との対戦で使用。
『白き神々』デッキ・・・『白き混沌』デッキをベースにP・G(ペンデュラム・ゴッド)カードなどを加え、組み直したデッキ。鵜堂、他との対戦で使用。
『死ラキ神ガミ』デッキ・・・『白き神々』デッキにカードが1枚追加されたデッキ。白木翼との対戦で使用。

◎特殊能力
1.デュエルを行う相手が「traveler」か「irregular」の場合、そのデュエルで勝利すると相手を吸収することが出来る(金剛、鵜堂を吸収)

2.「traveler」か「irregular」がデュエルで敗北して死亡した場合、その様子を『観測』していると死亡した「traveler」か「irregular」を吸収することが出来る(倉橋、剛田、高尾、須々木、山代(分裂体)、不破、五条、室井、北村、高見沢を吸収)

3.吸収した「traveler」か「irregular」の容姿、能力、記憶、所有していたカードなどを得る(全て得られるとは限らない)

4.美食の宝札(グルマンドロー)
デュエリスト能力レベル4(所有者:『死神』)
自分のドローフェイズ時に発動できる。通常のドローを行わない代わりに、自分の墓地のカードをすべて除外し、除外した枚数だけ自分はデッキからカードをドローする。

5.二度目の一撃(セカンドアタック)(鵜堂の「traveler」としての能力)
メインフェイズ2をメインフェイズ1として扱うことが出来る。

◎所持している特殊な道具
1.『球体』(伊良湖から得た)
・機能名=天上天下(マルチコア)
赤、青、白等の色彩が流動する球体。
力を増幅する性質があるらしいが、詳しい機能等に関しては詳細不明。

2.『瞳』(金剛から得た)
・機能名=見斉思賢(キャリアセンス)
眼球の形をしたアイテム。瞳孔にあたる部分は金色。
外壁にあたる部分は青で、その表面には毛細血管を思わせる、糸状の金色の模様が走っている。
知覚が拡張され、ありとあらゆる世界を“視る”ことが出来るという。
ただ、取り扱いには本人の力量が大きく反映されるようだ。

◎よく使うカード
1.トゥーンカード・・・倉橋のカード
2.方界カード・・・金剛のカード(敗北により消失
3.悪魔族カード(特に幻魔皇ラビエル)・・・五条のカード
4.神獣王バルバロス・・・室井のカード
5.防御系カード(ハネワタ、クリボー、バトルフェーダーなど)
6.P・G(ペンデュラム・ゴッド)カード
7.ガーディアン・エアトスとNo.(ナンバーズ)15 ギミック・パペット-ジャイアントキラー・・・鵜堂のカード
8.神や死神と名の付くカード(死神官-スーパイや死神鳥シムルグなど)

◎所持しているオリジナルカード

P・G(ペンデュラム・ゴッド)―アマジャステリア―
ペンデュラム・効果モンスター(オリジナルカード)
星9/闇属性/魔法使い族/攻0/守0
【Pスケール:青1/赤10】
(1):このカードをPゾーンに置いた場合、自分のデッキから『P・G(ペンデュラム・ゴッド)』カード1枚を手札に加えることができる。
【モンスター効果】
(1):このカードが戦闘を行う場合、エクストラデッキのペンデュラムモンスター1体を選択して発動できる。このカードの攻撃力は選択したモンスターの攻撃力分アップする。
(2):手札を1枚捨てることで、エクストラデッキにあるこのカードを自分の空いているペンデュラムゾーンに置くことができる。
攻撃名:スパイラル・ゴッド・ウィップ
モンスター効果名(1):ミミクリー・ユーサープ

P・G(ペンデュラム・ゴッド)―ネタミノチューズ―
ペンデュラム・チューナー・効果モンスター(オリジナルカード)
星1/闇属性/獣族/攻100/守100
【Pスケール:青1/赤1】
(1):このカードをPゾーンに置いた場合、100ライフポイントを払う事で自分のデッキからPスケール3のモンスター1体を手札に加えることができる。
【モンスター効果】
(1):このカードをシンクロ素材としたシンクロ召喚に成功した時、相手ライフに100ポイントのダメージを与え、自分は100ライフポイント回復する。
(2):自分がP召喚に成功した場合、エクストラデッキの表側表示のこのカードを自分フィールドに特殊召喚できる。

P・G(ペンデュラム・ゴッド)―ココリコ・ココリス―
ペンデュラム・効果モンスター(オリジナルカード)
星3/闇属性/鳥獣族/攻300/守300
【Pスケール:青3/赤3】
(1):このカードをPゾーンに置いた場合、300ライフポイントを払う事で自分のデッキからPスケール5のモンスター1体を手札に加えることができる。
【モンスター効果】
(1):このカードがフィールドを離れた時、相手ライフに300ポイントのダメージを与え、自分は300ライフポイント回復する。
(2):墓地・エクストラデッキの「P・G(ペンデュラム・ゴッド)―ココリコ・ココリス―」を3枚除外して発動できる。墓地からモンスター1体を特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。

◎所持しているワールドカード
死と神の狭間Ver.1
フィールド魔法(ワールドカード)
0.自分のメインフェイズ1の開始時にのみ発動できる。このカードの発動時に、お互いの手札を全て墓地へ送る。このカードはフィールドを離れず、効果を無効にできない。このカードは他のフィールドカードと共存する。
1.エンドフェイズ時、ターンプレイヤーのフィールドゾーンに表側表示で存在するワールドカードのVer.は、現在のVer.+1の数値になる。

デュエル中に効果で自己進化する非常に珍しいワールドカード。Ver.3までは効果が判明している。

死と神の狭間Ver.3
フィールド魔法(ワールドカード)
0.自分のメインフェイズ1の開始時にのみ発動できる。このカードの発動時に、お互いの手札を全て墓地へ送る。このカードはフィールドを離れず、効果を無効にできない。このカードは他のフィールドカードと共存する。
1.エンドフェイズ時、ターンプレイヤーのフィールドゾーンに表側表示で存在するワールドカードのVer.は、現在のVer.+1の数値になる。
2.お互いは墓地のカードの効果を発動できない。
3.お互いのバトルフェイズをスキップする。

◎備考
『白木翼が死んだ後の世界』で●●●に力をもらい、『死神』化したようだ。
北村には『白木翼の世界』で力をもらった、と偽った。後々の計画の布石の一つのようだ。
P・G(ペンデュラム・ゴッド)カード群は『死神』のオリジナルカードのようだ。

◎補足
記憶喪失は、■■■と戦ったことによる後遺症。
削れた記憶のために何から逃げているのか分からなくなったけど逃げなければならないという危機感だけが残り、長い逃亡生活が始まる。気が付けば今の『死神』の原型にまで心が削れていた。





2017.07.16 | 未分類

«  | ホーム |  »